主婦 昼間は何してる?

MENU

専業主婦は暇?昼間は何してる?高給バイトは?

臨月に入ってからは実家に帰ってきた。実家の両親にとっては
初孫だから上げ膳下げ膳で一日中特にやることもない状態。

 

産休を取るまでは、働きながら家事全般をこなしていたので
何もしない毎日はかえって苦痛に感じるなあ。

 

生まれてくる赤ちゃんのために身の回りの物を揃えたりもしたけど
すぐ終わってしまったし、これといって今やらなきゃいけないことが見つからない!!

 

これでは、暇すぎで返って胎教に良くないだろうから
語学の勉強を始めることにしよう!

 

これだけ時間がたっぷりあるのも今だけだし、活用しなかったら損だと思う。

 

まずは、さびれている英語をブラッシュアップしよう!
英語ならば、オンラインで英会話ができるようだし学校に通ったり

 

教科書を買ったりする必要もないし!

 

臨月だからといってダラダラするのではなく
自分磨きをしながら赤ちゃんをお迎えしよう、と思い決意を新たにした今日この頃でした。

夫婦関係の危機

夫婦関係の危機を迎えてしまったら、どうしてそうなってしまったのかを考えてみましょう。
自分や相手の浮気が原因?相手への関心や愛がなくなってしまったのが原因?
逆に相手が自分に興味を失ってしまったのが原因?
借金がバレたから?子育てに協力しないから?
会話がなくなってしまったから?記念日を忘れてしまったから?プレゼントを渡さなくなってしまったから?

 

きっと思い当たることは幾つも出てくるでしょう。
それがなければ夫婦関係の危機を迎えることなんてないので
まずは原因を探り、その原因を改善すること。これが危機を脱するベストな方法なのです。

 

この原因の追及などは自分ひとりで行えることですよね。
でも自分の頭だけではあまり良い解決策を見出せない人も多くいます。
なので、冷静になれなかったり良い解決策が出てこないと思ったら
必ず誰かに相談するようにしましょう。
ただし、秘密を確実に守ってくれる人に相談しなければなりません。
口が軽い友人や、パートナーと近過ぎる知人に相談するのはリスクがあると心得ておくべし。

 

そして、結局は夫婦間のコミュニケーションが重要になってくることも忘れずに。
それがなければ夫婦関係の危機は終了せず、関係の修復は有り得ません。
場合によっては第三者なども伴って話し合うことを検討してみてください。
関係修復には時間がかかるのが普通。なのですぐに離婚を決断するのだけは避けましょう。

共働き

共働きの夫婦が関係を良好に保つためには、約束事が必要になります。
結婚する前が理想ですが、結婚した時でもいいので

 

この約束事をふたりで交わしておきましょう。また、もし夫婦関係が悪くなってしまった場合
それが共働きに原因があるのであればケンカをするのではなく
そこで改めてふたりの約束事を交わすように話し合いを行いましょう。

 

約束事の内容ですが、まずは家事の分担。炊事、洗濯、掃除、ゴミ捨て
育児など、やることはたくさんありますが、これを夫と妻のどちらが担当するのかを
ハッキリと決めておいてください。

 

また、もしその約束が果たせなかった時のペナルティも用意しておきましょう。
ここまで約束しておくことが重要です。多くの夫婦は分担だけ決めて終わってしまうので
それが遂行されなかった時に文句を言い合い、夫婦関係がより悪化してしまうのです。

 

また、夫婦関係の維持にセックスは欠かせません。これに関しては約束事というよりも
できるだけ相手の気持ちや疲労などを考慮するようにしてください。

 

例え断られてもムスッとしない。淡白であっても受け入れる。
共働きとはいってもお互いにしている仕事の内容は異なることが多いですし
同じであっても同じ疲労とは限らないため
約束事以外は相手を尊重する余裕が必要になってくるのです。

旦那と母親と亭主関白

日本の夫婦関係の象徴と言われ続けてきた亭主関白。
しかしその姿はもう絶滅危惧種に指定してもいいほど激減しているそうです。
夫へアンケートをとってみると、自分のことを亭主関白だと思っている人の割合は1割ほど。
女性にアンケートをとると、それよりも微増するとのこと。
つまり、女性の方が、自分の夫が主導権を握っていると感じている人が多いようですね。

 

しかも問題なのは、そう答えた女性の多くがその状況に不満を持っていることです。
「旦那が偉そう」とか、「口で命令するだけで
自分では動かない」などの意見を持っている妻が多く、それに半ば諦めている様子もうかがえます。

 

一方で、亭主関白の方が夫婦関係は上手くいくのではないかという話もありますね。
夫についていきたい、夫を支えたいと思う献身的な女性であれば
きっとそうなのでしょう。しかしそういった女性が減ってきている昨今では
やはり夫が家庭の中で実権を握るような関係では、良好な夫婦関係を築けないのが相場のようです。

 

もし自分を亭主関白だと思っている男性がいたら
少しは奥さんに気遣いをみせるようにしてください。

 

そうしないと急に離婚を切り出されてしまうかもしれません。
逆に女性は、偉そうにしている男性にイライラせず
泳がせておくくらいの余裕を持っておきましょう。
その陰で着々と離婚の準備をしておくのもいいかもしれません。